【中国語学習】HelloTalk(ハロートーク)で友達作り!ルームメイトも見つかった神アプリ

中国語実践者

こんにちは。中国企業OLのMihobelinです。
今回は私が中国人の友達をつくる上で必要不可欠だったアプリ、HelloTalk(ハロートーク)を紹介します。

HelloTalk(ハロートーク)とは

HelloTalk(ハロートーク)とは、簡単にいうと、自分が学びたい言語が母国語の人、または自分の母国語を学びたい人と交流できる言語交換アプリです。

中国語HelloTalkの画面

(実際にHello Talkに投稿した文章)

特徴としては、5つあります。
①文章の修正をしてもらえる(送信したメッセージ、SNSのようなタイムラインに投稿した文章の修正)
②タイムラインに投稿した文章にコメントをもらえる(中国の方の意見が聞ける)
③翻訳機能はもちろん、読み上げ機能、ピンイン表示などがある(チャット、電話も可能)
④近くの人、旅先の人と知り合える
⑤言語を教えている方のライブ配信を視聴できる

など、無料で言語学習のサポートをしてもらえるアプリです。
(無制限で翻訳機能を使用できる、近くの人を検索できる等のVIP版もあります)

その中でも私は②④をメインとして使用していました。

中国語HelloTalk(”慢”と”晚”の違いを質問した時のコメント。赤枠は自分)

誰かに話すことでもないけど、聞いてほしいな〜と思うような内容を日々、中国語で投稿。
“日本語を勉強している中国人”よりも圧倒的に“中国語を勉強している日本人”の方が少ないこともあり、いつもコメントくれる人がいたのも投稿するモチベーションになっていました。

さらに「間違いだけ指摘して、それがなぜなのかが記載されてないことが多いから」と、
ご好意で私が投稿した文章を全て添削してくれる方までいました。

中国語HelloTalkスマホ(計43ページに及ぶ文章の修正と説明)

中国の友達作りとしてのHelloTalk活用方法

私の今いる中国人の友達は全てHelloTalk(ハロートーク)で知り合ったといっても過言ではありません。

友達になるパターンとしては、主に2つです。
①タイムラインにコメントをくれる人と個人チャットし、wechatを交換。機会があれば会う
②「○月○日、○○を一緒に観光してくれる人募集」とモーメンツを投稿し、一緒に観光する
(※危ない人も中にはいるので、会う際は十分に注意してください)

こうして知り合った友達を何人か紹介したいと思います。

①日本企業に勤める中国人のおじさん

(実際のやり取りと当時Instagramに投稿したストーリー)

毎回HelloTalkの投稿にコメントしてくれており、私が上海に来たらお互いに言語を教え合おう!と約束していました。

すでに中学生のお子さんがいて、中国人男性の生の声を聞くのは、なかなかできない体験ということもあり、毎週末3時間ほど、直接会って中国語と日本語を勉強。

中国人ならではの“秒回”(秒で返信)であることはもちろん、教え方も上手なので
仕事で出てきた中国語を教えてもらうことはもちろん、恋愛や仕事上の悩みなんかも相談していました。

今でもお互いの言語能力向上のために電話や質問をし合う仲です。

②四川で出会った中国人女性

中国語HelloTalkで出会った友人(大阪で再会を果たした時の写真)

友達の結婚式(日本に留学していた四川出身の方で、この方もHelloTalkで知り合いました)に参加するため、1人で四川に行った際、一緒に観光してくれる方を募集する中で知り合いました。

実際に会ったことあるのは一緒に四川を観光した1日だけでしたが、その後もやり取りが続き、
彼女が日本に留学しに来た際に約1年ぶりの再会を果たしました。

今は四川に戻ってしまいましたが、中国の各地に会いに行ける友達がいる、というのは間違いなく私の人生を豊かにしてくれていると感じています。

③近所に住む同い年の中国人女性

中国語HelloTalkへの投稿(初めて会った日に投稿したInstagramのストーリー)

最後に紹介するのはルームメイトにもなった、同い年の中国人女性。
基本的にHelloTalk(ハロートーク)では個人チャットが来ても数が多すぎて返信はめったにしていなかったのですが、同い年の女性ということで、なんとなく返信したことが始まりでした。

話しているうちに、お互いの家が徒歩3分の距離であることが発覚し、会うことに。

当時「中国語が好き」と言うのも嫌になるくらい、中国語が聞き取れず、話せない自分に嫌気がさしていましたが、東北出身で発音がきれいだからなのか?友達が話す中国語はほとんど聞き取れるという奇跡が起きました。

この友達と出会ったことで、失っていた中国語への自信を少しずつ取り戻すことができたように思います。

そして、同い年でとにかく気が合うということに加え、友達は会社の寮から早く出たい、
私は日本から中国へ戻ってきた際、隔離されていたホテルが豪華すぎて、もっと広い部屋に住みたいということで、なんと出会って3ヶ月で一緒に住むにまで発展しました・・・!
(ルームメイトの関係は私が日本に帰るまでの1年1ヶ月間続きました)

最後に(中国語学習中の方へ)

中国の結婚式に参加したり、ルームメイトが見つかったりと、HelloTalk(ハロートーク)を通して自分一人では絶対になし得なかった事を経験させて頂きました。

もちろん良い人ばかりとは限りませんが、HelloTalkは単に言語学習としてではなく、使い方によってはお互いの言語を勉強したい、という共通目的から友達作りに非常に役立つアプリだと思います。

もし、中国人の友達が欲しいという方がいたら、是非使ってみてください〜!

アイコン

Mihobelin

92年千葉が生んだ純ジャパ。19歳の時にテレビで偶然見た王心凌が可愛すぎて中国語の勉強を始める。上海での現地採用を経て現在は中国企業の日本支社で奮闘中。趣味は猫を愛でることと断捨離。

Mihobelinさんの他の記事を見る