中国語は短期習得できる!ポイントと勉強法を知って賢く学ぼう

学習メソッド
中国語は短期習得できる!ポイントと勉強法を知って賢く学ぼう
  • 「差し迫って中国語を使う必要がある。」
  • 「短期間まとまった時間ができるので集中して中国語を習得したい。」

など、時間をかけずに中国語を学びたいと考える方もおられるのではないでしょうか。

言語の習得は時間がかかるものと思われがちですが、コツをしっかり掴めば短期習得も可能です。

この記事では、短期習得にかかる具体的な期間とおすすめの学習方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

中国語を短期習得するならPaoChaiがおすすめ

中国語を短期習得するならPaoChaiがおすすめ

中国語を短期集中で勉強するなら、PaoChaiがおすすめです。

中国語独学完全マップを用いたプログラムとコーチングで、短期間で話せる中国語を学ぶことができます。

  • ビジネスで急に中国語が必要となった
  • 短期間でマスターしたい

と少しでも考えたら、まずは無料のお問い合わせをご利用ください!

PaoChaiには、以下3つのような特徴があります。

  • 時間の制約があっても利用しやすい
  • 科学的根拠がある自習方法で中国語が身につく
  • 質問し放題の環境が作れる

こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

時間の制約があっても利用しやすい

PaoChaiなら、時間の制約があっても利用しやすいです。

中国語学習を体系化した「中国語独学完全マップ」を提供し、プログラムをこなすことで段階的に学ぶことができます。

スケジュールは事前にお問い合わせからヒアリングした内容から決定し、自主学習ができるようにサポートまで可能

忙しいビジネスマンにもマッチしたソリューションで、話せる中国語を学べる環境が揃っています。

科学的根拠がある自習方法で中国語が身につく

会話できる中国語力という観点で20段階に分けられた、科学的根拠のあるプログラム「中国語独学完全マップ」を使って学びます

そして、コーチングセッションで目標と進捗を確認し、課題を明確化することで最短ルートを進んでもらえるわけです。

ネイティブに限らず、日本人コーチが専属としてつくためコミュニケーションコストも低いです。

PaoChaiでは、中国語学習を知り尽くした経験豊富なコーチが自習方法までサポートしますので、コーチング終了後も自主学習しやすい環境が整います。

質問し放題の環境が作れる

PaoChaiのコーチングは、質問し放題の環境を用意することで迷わず学びを続けられる環境です。

つい、本当に合っているのかが不安になって、伸び悩むこともあるでしょう。

他にも、文法は書けるけど会話できるか不安というケースもあるはずです。

コーチングとサポートによって得られる質問し放題の環境は、わからないことをそのままにしないことで習得に向かって全力疾走できる状態です。

PaoChaiでは、その他にも学びやすい環境のための取り組みを行なっています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

中国語を短期習得する期間の目安

中国語を短期習得する期間の目安

中国語を短期習得したい場合、具体的にはどのくらいの期間を要するのでしょうか。

それは、1回の学習にどれだけの時間や力を注げるかによって変わります。

そこで、異なる学習プランで学習した時、習得までにそれぞれどのくらいの期間を要することになるかシミュレーションしてみましょう。

ここでの習得とは、「発音や文法に間違いがありながらも、ネイティブとある程度会話を楽しめるレベル」とします。

次の3パターンで習得期間を計算してみます。

  • 1日7時間で1ヶ月
  • 1日5時間3ヶ月
  • 1日1・2時間で半年

ここではイメージしやすいように具体的な数字を挙げていますが、学習の成果は個人の基礎力や状況によるのであくまで目安としてくださいね。

1日7時間で1ヶ月

1つ目のパターンは1ヶ月という超短期コースです。

「1ヶ月で本当に習得できるの?」と思われるかもしれません。

このプランを成功させるには、かなり質の高い学習方法を行う必要があります。

参考にできるのは短期留学をする時の学習方法です。

例えば台湾師範大学では、最短で1ヶ月の留学をすることができます。

毎週のレッスン時間数は10時間で、個人レッスンを受けられるので、かなり集中的な学習ができるでしょう。

また、留学の場合レッスン時間以外の時間も中国語の環境に身を置くことになります。

アクティブな方であれば、放課後は現地の友達を作って観光スポットを案内してもらったりといった活動体験をするかもしれません。

このように1ヶ月程度の留学でも、ある程度ネイティブとコミュニケーションを交わせるレベルまでレベルアップすることができます。

日本にいながら留学と同等に濃厚な学習時間を作れば、同じく1ヶ月の習得は可能です。

1日7時間も机に向かうのは難しいかもしれませんが、

  • 中国語の垂れ流しリスニングをする
  • ドラマや映画を視聴する
  • 中国人と会話する

などの工夫をして、中国語に触れている時間が総合的に7時間くらいの時間になるようにしてみましょう。

1ヶ月のプランが成功するかどうかは、どれだけ上手く中国語の環境を作り出せるかにかかっています

不安な方や、もっとスケジュールを細かく決めて集中したい方はPaoChaiへご相談ください!

1日5時間3ヶ月

2つ目は3ヶ月で習得するプランです。

「中国語を習得できた」「中国人と会話ができる」と実感できる目安のレベルとしてはHSK4級レベルが目指せる目標です。

HSK公式サイトによると、HSK4級は毎週2コマから4コマの中国語授業を受ける大学生が2年で習得できるレベルとされています。

毎週4時間程度の授業を2年間と想定すると、この内容を凝縮すれば3ヶ月の習得も不可能ではありません。

かなり集中的な学習が必要とはなりますが、週5日程1日5時間程度机しっかり学習時間を取り分ければ、習得は可能なレベルです。

ただし、時間をかけて学習した内容が実力になるかどうかはアウトプットの機会次第です。

短期で詰め込んだ内容は忘れるのも速くなりがち

記憶がしっかりと定着するように、繰り返し自身でミニテストを実施したり、中国人と会話して実践する機会を持つことも大切です。

3ヶ月の短期で習得したい場合には、詰め込みとアウトプットのバランスを意識するようにしましょう。

1日1・2時間で半年

仕事や学業など、日中するべきことが他にある方にとって、半年のプランは1番現実的と言えるかもしれません。

忙しい方でも、毎日頑張って1・2時間の学習時間を取り分けるようにすれば半年で習得は可能です。

早朝の1時間、または帰宅後の夜の1時間など、1日のスケジュールに組み込むことで継続して学習時間を取り分けることができます。

半年プランの場合、大きなポイントとなるのは学習時間以外でも定期的に学習内容を思い起こすようにすることです。

通勤や仕事の隙間時間にアプリ学習をするなど、1日を通して少しでも中国語に触れ続けることで半年後には大きくレベルアップすることができるはずです。

中国語を短期習得するための3つのポイント

中国語を短期習得するための3つのポイント

短期習得は可能、とわかるとやる気が湧いてきますよね。

しかし、短期習得が可能なのは正しい方法でチャレンジした場合の話です。

やり方がよくないと、学習が非効率的になり、短期習得は失敗に終わってしまいます。

そこで、ぜひ押さえておきたい次の3つのポイントをご紹介したいと思います。

  • 楽に習得しようと思わない
  • 短期習得の目的を具体的にする
  • 日常で中国語に触れる環境を作る

1つずつ詳しくご説明していきます。

楽に習得しようと思わない

短期習得をしたい場合、長期的にゆっくりと習得していく場合に比べ、どうしても集中的な努力は欠かせません

それで「勉強は大変なものになる」という覚悟は必要です。

気長な計画の場合には、興味のあるものから学んでいったり、聞き流すリスニング法を採用することも悪くはありません。

しかし短期習得の場合には、気軽な学習方法だけを単独で行うことはおすすめできません

短期習得をしたいなら、基礎をしっかり構築していく必要があるため、レベルアップに必要なタスクをこなしていく必要があります。

基礎学習をしっかり行った上で、楽しめる教材を使い中国語に触れる時間を増やすことは良いでしょう。

短期習得にはそれなりの苦労が伴う、ということは覚えておきたいポイントです。

短期習得の目的を具体的にする

短期習得を成功させるためには、具体的な目標を立てる必要があります。

  • 誰と話したいのか
  • どんな場面で使いたいのか
  • いつまでに達成したいのか

こうした目標をはっきりさせておくことは、挫折せずに学習を続ける助けとなります

短期学習の期間をスタートさせる前に、目標を書き出して可視化してみると良いかもしれません。

学習を投げ出したくなった時に「なぜ中国語を習得したいのか」を明確に思い出せるようにしておきましょう。

日常で中国語に触れる環境を作る

3つ目のポイントは中国語学習に適した環境づくりです。

環境を整える面で1番良い方法は留学ですが、実際に留学をするのは難しい、という方も多いでしょう。

そこで、決まった学習時間以外でも中国語に触れる時間をできるだけ多くとるように工夫しましょう。

短期習得期間にはできるだけ日本語をシャットアウトするよう意識することは大切です。

  • 移動時間にリスニングをする
  • テレビ番組視聴、ネットサーフィンも中国語で行う
  • 休日は中国人の友達と過ごす

など、日常生活の工夫次第で日本にいながら留学しているような環境を作り出すことも可能です。

短期学習期間を始める前に、環境を整える準備段階を設けるのも成功への近道です。

中国語を短期習得するまでの勉強方法

中国語を短期習得するまでの勉強方法

中国を短期習得するときにはどんな勉強方法が効果的なのでしょうか?

着実な中国語力を身につけるには、学習漏れがないよう学習ポイントをしっかり網羅することが大切です。

そこで、勉強方法に必ず含めたい大切な要素5つをご紹介します。

  • 文法の基礎を身に付ける
  • 単語を覚える
  • 発音の基本を定着させる
  • 聞き取りで耳を鍛える
  • 会話でアウトプットする

それでは、1つずつ内容をご説明していきます。

文法の基礎を身に付ける

中国語習得に欠かせない要素の1つが「文法」です。

中国語の文法はそれほど難しくはありませんが、日本語にはない概念の文法もあるので、正確に話せるよう把握しておくことは大切です。

例えば、中国語の基礎の文法には、

  • 完了形「了」
  • 「できない」を意味する文法の使い分け
  • 過去形の表現方法

など、日本人が間違えやすいポイントがあります。

こうした中国語独自の文法を理論的に学んでおくことで、後々正確な文法の使いわけができるようになるので、外せないポイントです。

文法の解説を読んだりレッスンを受けたりするのはある程度時間を必要としますが、遠回りと考えずに、しっかり身につけるようにしましょう。

単語を覚える

中国語習得に必須な要素の2つ目が「単語」です。

スムーズに自分の意思を表現できるようになるためには、語彙力はどうしても欠かせません。

上記でも紹介した、1つの目安とできるHSK4級レベルでは1200語の単語量を必要とします。

仕事や中国滞在ですぐに中国語を使う予定がある、という方は自身の環境に応じて使う単語を優先的に覚えると良いでしょう。

総合的な中国語力を伸ばしたい、という方はHSK受験範囲の単語から覚え始めるのが無難です。

単語を覚える際には、決まった学習時間だけではなく、1日の色々な時間に反復記憶することがおすすめです。

移動中歩きながら、家事をしながら、など定期的に覚えた単語を反復するようにすると記憶が定着しやすくなります。

短期間の中でいかに多くの単語を学習できるか、は中国語短期習得の大きなポイントの1つとなります。

発音の基本を定着させる

中国語習得において最も大切な要素とも言えるのが「発音」です。

発音が正確でなければ、どれだけ多くの単語や文法を覚えても、相手に伝わらない中国語となってしまいます。

根気は必要となりますが、1文字ずつ発音を確認しながら読む習慣は大切です。

正しく発音できているか、ネイティブに確認してもらう機会があればなおベストです。

初級のうちに正しい発音が身につけば、後から修正する必要がなく後々とても楽になりますから、基本をしっかり定着させるようにしましょう。

短期習得したい方の場合、発音練習に時間をかけるのはもどかしく思えるかもしれません。

しかし「急がば回れ」という気持ちで、発音は重点的に取り組むようにしましょう。

聞き取りで耳を鍛える

「聞き取り」も中国語習得に欠かせない要素です。

聞き取りは慣れの要素も大きく、短期にレベルアップするのが難しい分野でもあります。

そこで、1日のうちの多くの時間中国語に触れる時間を作るよう環境を整えましょう。

また、短期習得したい場合には耳が慣れるだけでなく「言葉として聞き取れるようになること」も必要です。

そこで、短期習得の場合は自身の単語や文法レベルに応じた音声教材を選ぶのがおすすめです。

音声教材とテキスト教材がセットになっているものを活用すればセルフリスニングテストを行うことができます。

音声をただ聞き流すだけではなく、何%理解できたかを都度確認するようにしましょう。

徐々にレベルを上げて行くことで、着実に聞き取りの力を着けていくことができます。

会話でアウトプットする

中国語習得に欠かせない最後のポイントは「会話力」です。

日本にいながら短期習得を目指す場合、どうしてもウィークポイントになりがちなのが会話力ですが、工夫次第で補うことは可能です。

SNSで中国人の友達を探したり、文章添削サイトを利用するなどして、自分の会話力を腕試しすることができます。

机に向かって勉強するのと、対人で会話をするのでは、実感する自分のレベルが大きく異なるはずです。

対人と会話することで、思った以上に自分のレベルが低いことに気づきがっかりすることもあるかもしれません。

しかし、そうした体験が本当の会話力を身につける大きな原動力になります。

そこで、短期学習期間中には定期的に会話力を腕試しする機会を作りましょう。

見直しの機会が多ければ多いほど、改善点がはっきりし中国語習得の近道となります。

まとめ|中国語短期習得に向けて今できることから始めよう!

まとめ|中国語短期習得に向けて今できることから始めよう!

中国語短期習得の具体的な期間や勉強方法についてご紹介しました。

本気で取り組めば、短期習得は十分可能であることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

短期習得に成功するためには、ポイントを掴んだ勉強方法が欠かせません

良い計画を立てて、着実に学習を進めていってくださいね!

この記事が中国語短期習得のお役に立てば幸いです。