中国語を独学するときにおすすめの教材15選!上達に使える教材を選ぼう

学習メソッド
中国語を独学するときにおすすめの教材15選!上達に使える教材を選ぼう

中国語を独学するなら、上達にとって大切な要素の1つが教材選びです。

わかりやすく、興味も持ちやすく、実際的な内容の教材を選べばより効果的にレベルアップしていくことができます。

そこでこの記事では、中国語の独学におすすめの教材をそれぞれのジャンル別にご紹介していきます。

語彙力強化、HSK受験対策など、目的別におすすめの本や他の教材をピックアップしていますので参考にしてみてください。

中国語の独学に必要な教材ならPaoChai中国語独学完全マップ

中国語の独学に必要な教材ならPaoChai中国語独学完全マップ

中国語の独学に必要な教材なら「PaoChai中国語独学完全マップ」を使いましょう。

この記事では、色々なジャンルの教材をご紹介しますが、各教材を選ぶ前に明確な学習カリキュラムを把握しておくなら、教材選びがもっと簡単かつ効果的になります。

「PaoChai中国語独学完全マップ」は、次のような使い方ができる教材です。

  • 必要なテキスト・参考本を準備してスタートするだけ
  • 使える技術の学び方もフォロー
  • 素早く身につけたいならコーチングがおすすめ

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

必要なテキスト・参考本を準備してスタートするだけ

PaoChai中国語独学完全マップは、自分の目標の中国語レベルに到達するまでに

「何を、どのように、どれくらい学ぶべきか」

をわかりやすく整理したタスク一覧となっています。

何を学習すれば次の段階に進めるかが明確になるので、学習項目の漏れがなく効率的に進めていくことができます。

自分の今必要な学習内容がわかったら、対応するテキストや参考本を別途用意します。

テキスト選びにも迷うことなくすぐに学習を始めることができるので、とても効率的です。

テキスト・参考本一覧

使える技術の学び方もフォロー

PaoChai中国語独学完全マップでは、学び方の技術についても役立つ情報を提供しています。

「音読ジョグ」や「瞬間中作文」など、独学に最適なトレーニング方法や効果的な理由についてなど。

こうした学び方を知っておくのは、スポーツをする時に明確なトレーニングメニューに沿って体を鍛えていくと上達の速度が上がるのと同じです。

言語の学習においても、トレーニングの積み重ねはとても大切ですが、こなすべきタスクがはっきりしていると長続きしやすくなります。

トレーニングマニュアル

素早く身につけたいならコーチングがおすすめ

PaoChaiでは、独学の他にコーチングのプランも用意されています。

コーチングを利用すれば、短期間で集中的に中国語を身につけることができます

コーチングでは、中国語のレッスンだけではなく自習カリキュラムの構築のサポートや、フィードバック、アフターサポートも充実。

独学ではどうしても効率が上がらない、モチベーションを保つサポートが欲しい、という方におすすめです。

中国語を独学で学ぶときに用意するテキスト・教材の選び方

中国語を独学で学ぶときに用意するテキスト・教材の選び方

独学を始める第一段階はテキスト・教材選びですが、中国語教材も数が多く、この段階でつまずいてしまう方もいます。

選択肢が多いとどれが良いのかわからず迷ってしまい、実際に学習を始める前に手間取ってしまうこともありますよね。

そこで、テキスト教材選びのポイントを以下3つご紹介したいと思います。

  1. 目的を明確に決める
  2. 価格帯で絞り込む
  3. 資格を狙うなら中国語検定HSK公式過去問集

ぜひ、参考にしてみてください。

1.目的を明確に決める

中国語教材は数多くありますが、テキストによって重点を置いている学習項目は異なります。

例えば、

  • 書く
  • 発音
  • 語彙力(言葉のボキャブラリー)

などです。

ゼロから始める場合には、総合的に学べる基礎入門などがおすすめです。

しかし、学習を進めるに当たって自分の強化したい重点は変わってくるので、合わせたテキストを選ぶようにしましょう。

そこで、今強化するべきポイントはどこか明確に決めてから教材を探すようにすると、教材選びが簡単になります。

2.価格帯で絞り込む

2つ目のポイントは教材の価格帯です。

経済的な理由で独学を選択する方も多いでしょう。

そこで、自分にとって無理のない価格の教材を選ぶこともとても重要です。

独学で中国語を学ぶときには、選択できる教材の価格も様々なものがあります。

例えば、中国語学習に使える教材の価格の一例は次の通りです。

  • スマホアプリ…無料のものもある
  • NHKラジオ中国語テキスト…毎月580円
  • 一般的な市販テキスト…1,500〜3,000円程度

価格が高いからといって、あなたに最適のテキストであるとは限りません

かえって無理な買い物をして、長続きしないという場合もあるでしょう。

そこで、無理なく続けられる価格帯の教材を選択するのも重要なポイントとなるわけです。

3.資格を狙うなら中国語検定HSK公式過去問集

中国語学習が少し進んできたら、現状の腕試しや将来のために資格をとっておきたいと思うようになるかもしれません。

中国語検定HSKを受験する予定があるのなら、公式の過去問集は用意しておきましょう。

過去問で練習しておけば、試験のコツや傾向を掴むことができるので、合格への近道となります。

それでは、教材・テキスト選びのポイントがわかったところで、それぞれのジャンル別おすすめ教材をご紹介していきたいと思います。

中国語初心者におすすめの入門書・テキスト・教材3選

中国語初心者におすすめの入門書・テキスト・教材3選

まずは、中国語初心者におすすめの教材を3選ご紹介します。

  • はじめての中国語(石井景教著)
  • 新0からスタート中国語文法編
  • 決定版必ず話せる中国語入門

中国語を全く学んだことがなく、何から始めたらいいかわからないという方はこの3冊の中から自分に合いそうなものを選んでみてください。

はじめての中国語(石井景教著)

初心者の方におすすめなのは、視覚的に圧迫感のない、取り組みやすいテキストです。

「はじめての中国語」は2色印刷でイラストも交えて初心者が学習に取り掛かりやすい構成となっています。

全文章にピンインとカタカナルビがついているので、中国語漢字が全く読めない初心者の方もすぐに声に出して学習ができるように工夫されています。

カリキュラムの構成もわかりやすく、1日1課をこなせば3週間で中国語の音と文法の基礎が習得できます。

新0からスタート中国語文法編

新0からスタート中国語文法編は、「文法編」ですが基礎の発音から学習がスタートし、それから文法へ移る構成となっているので、初心者の方におすすめの1冊です。

文法編では45の「文法公式」にまとめられているので、整理しながら学んでいくことができます。

また、書き込むタイプのエクササイズも用意されているので、練習を重ねて書くことに慣れることができるでしょう。

基本がわかりやすくまとめられているので、重点を素早く把握したいという方におすすめの1冊です。

決定版必ず話せる中国語入門

決定版必ず話せる中国語入門は、Amazonの中国語書籍では常に1位をキープするロングセラー書籍となっています。(2021年調べ)

著者の相原茂先生は、日本における中国語教育の第一人者で、NHKの中国語講座にも出演経験があります。

オール4色で見やすく、決定版ではCDも2枚ついていて、初心者にとても親切な内容で独学に使いやすいです。

発音、文法、使えるフレーズの基礎など、学び始めた方がまず知りたい内容が全て網羅されているのも見逃せないポイントでしょう。

決定版必ず話せる中国語入門には、他にもトラベル会話まで収録されているため、差し迫って中国語習得が必要な方にもおすすめの1冊です。

中国語の発音を学んで話すためにおすすめのテキスト・教材3選

中国語の発音を学んで話すためにおすすめのテキスト・教材3選

続いて、発音強化に特化した教材の中からおすすめのものを3選ご紹介します。

  • 紹文周の中国語発音完全マスター
  • 日本人のための中国語発音完全教本
  • 音が見える!中国語発音がしっかり身につく本

それぞれ、確認してみてください。

紹文周の中国語発音完全マスター

紹文周の中国語発音完全マスターは、初級者だけでなく、正しい発音へ修正したい中級者の方にもおすすめの1冊です。

おすすめポイントは、口の形がイラストや写真で説明されており、正しい発音が視覚的にわかりやすいところ。

口の形を確認しながら音声を聞いて、目と耳両方で学べるのでとても効果的です。

紹文周の中国語発音完全マスターは、発音のみに特化した教材なので、発音強化期間を決めてテキストを徹底的に活用すると良いでしょう。

日本人のための中国語発音完全教本

日本人のための中国語発音完全教本は、名前の通り、日本人がつまずきやすい発音のポイントをしっかりおさえてくれている1冊です。

こちらの本も、写真とイラストを使って口の形を解説しています。

またCDが3枚付属と、ボリュームのある音声教材で中国語音節表の全ての発音を網羅しているのもおすすめポイントです。

  • 「eを発音するコツ」
  • 「nとngの区別」

など、独学の人が疑問を持ちやすい点もわかりやすく解説しているので、発音のコツを習得しやすい内容となっています。

日本人のための中国語発音完全教本を使えば、つまずきやすい独学をスムーズに進めることができるでしょう。

音が見える!中国語発音がしっかり身につく本

音が見える!中国語発音がしっかり身につく本は、中国語発音を図にして見える形で解説している1冊です。

図は矢印、色分け、文字表記によって発音をわかりやすく区別しているので、発音を視覚的に捉えることができます。

中国語はピンインと声調を一度に覚えなければいけないので圧倒される方が多いですが、この本ではワンステップずつに分けて学習していくことができるので、ストレスなく進めることができます。

まずは母音、次に子音、声調という順番に分けて発音を学習

その後、中国語の発音は覚えることが多くて混乱してしまう、という人が頭を整理しながら学んでいく内容です。

音が見える!中国語発音がしっかり身につく本は、迷いがちで何からスタートしたら良いのか困っている人が使いやすい教材でしょう。

会話力アップ!語彙力の学習で買いたいテキスト・教材4選

会話力アップ!語彙力の学習で買いたいテキスト・教材4選

単語数や使えるフレーズの幅を広げたいという人に、おすすめの教材を4選ご紹介します。

  • 新ゼロからスタート中国語単語BASIC1000
  • パッと見てわかる!中国語単語イラスト図鑑 動詞・形容詞600
  • 起きてから寝るまで中国語表現1000
  • すぐに使える中国語会話 ミニフレーズ2000

会話力を強化したい場合には、実際に自分が使うであろう場面の語彙が網羅されている教材を選ぶのがおすすめです。

新ゼロからスタート中国語単語BASIC1000

新ゼロからスタート中国語単語BASIC1000は、ゼロから中国語を学習する方に、おすすめの中国語単語帳です。

中国語初心者が初めに学習すべき、というテーマで1000単語を網羅しています。

語学学習にまず必要な動詞から始まって、形容詞、副詞…という実際的な順番の構成になっているため学びやすいのもポイント。

会話ができるようになるまでの効率的な学習ができるのでおすすめです。

また、それぞれの単語にはシンプルなショートフレーズが添えられているので、初心者でも簡単に会話に応用することもできるでしょう。

パッと見てわかる!中国語単語イラスト図鑑 動詞・形容詞600

パッと見てわかる!中国語単語イラスト図鑑 動詞・形容詞600は、かわいいイラスト付きの単語集。

単語の意味をイラストのイメージで学べるので記憶しやすく、暗記に抵抗がある方にもおすすめの1冊です。

内容には、日常でよく使う動詞420語、形容詞180語の計600語が収録されています。

対となる単語を2つ1組で収録していたり、「手の動き」などイメージしやすいジャンル分けになっていたりと、連鎖的に記憶できる構成となっています。

文字通り、パッと見てわかる内容なので、難しい教材が苦手な人にもおすすめできるでしょう。

起きてから寝るまで中国語表現1000

日常生活でよく使うフレーズを1日の流れで学ぶことができる1冊です。

1日を通した「体のつぶやき」と「心のつぶやき」をネイティブのよく使う自然な表現で紹介しています。

SNSを使用するなど、時代に合わせてフレーズが改定されているので、リアルな生活にぴったりあったフレーズを学ぶことができます。

さらに学んだ表現を自分の状況に応じてアレンジして使う方法も解説されているので、実際の生活で覚えた言葉を独り言でつぶやいてみると習得が速いかもしれません。

すぐに使える中国語会話 ミニフレーズ2000

すぐに使える中国語会話 ミニフレーズ2000は、収録フレーズの多さで選ぶなら見逃せない1冊です。

内容には、挨拶から日常会話、旅行、仕事など色々な場面で使える表現が2000収録されています。

そして、簡単な表現から本格的なものまでバランスよく厳選されているので、初級者はもちろん、表現力を伸ばしたい上級者も使える1冊となっています。

CD2枚付属なので、繰り返し聞いて学ぶ学習にも選べるでしょう。

CDは、何度も繰り返し聞くうちに自然と口から出てくるフレーズも増えていく内容が収録されて教材にピッタリです。

中国語の独学で用意しておきたい文法をテキストで学べる参考書

中国語の独学で用意しておきたい文法をテキストで学べる参考書

中国語の独学で用意しておきたい文法をテキストで学べる参考書を、かりやすさを基準に選び紹介します。

  • スタンダードコース中国語 中国語の世界標準テキスト
  • ピンポイント中国語文法 中級者の悩み解決!
  • Why?にこたえるはじめての中国語の文法書

ぜひチェックしてみてください。

スタンダードコース中国語 中国語の世界標準テキスト

スタンダードコース中国語 中国語の世界標準テキストは、北京語言大学出版社と孔子学院本部が編集した対外中国語教育用のテキストです。

HSK受験も想定した段階的なカリキュラムとなっているので、総合的に学ぶのにおすすめの内容となっています。

最新の言語教育理論に基づいて構成されているので、効率的に文法を習得していくのに大変おすすめの1冊です。

ピンポイント中国語文法 中級者の悩み解決!

ある程度中国語を勉強してきた段階で、文法に疑問が出始めた方におすすめの1冊が、ピンポイント中国語文法 中級者の悩み解決!です。

間違いやすいポイントを中心に文法解説しているので、系統的に文法学習を進めてきたけどどうしてもわからない点がある、という方の弱点強化向け

例えば「了の使い方」「できないの表現の違い」など、日本人がつまずきがちな悩みを取り上げているので、ちょうど知りたかった!という発見が多くあるはずです。

次のステップに上がるための通過点として活用してほしいテキストです。

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書は、文法を理論的に学習したい方におすすめの1冊です。

文法を紹介するだけではなく、なぜそうなのかというwhy?に答えているので、より理解度が深まる解説書となっています。

文法は項目ごとにわかりやすく整理されていて、索引もあるので知りたい文法から優先的に学んでいくこともできます。

また、ドリルもついているので、実践して文法の力試しをすることもできるのが嬉しいポイントです。

中国語検定HSKの対策に使えるテキスト・教材

中国語検定HSKの対策に使えるテキスト・教材

HSKを受験する予定のある方なら、HSK対策に特化した教材を準備するのがおすすめです。

そこで、HSK対策に使えるテキストを3つご紹介します。

  • 中国語検定HSK公式過去問集
  • 合格奪取!新HSK1~4級単語トレーニングブック
  • 中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級改訂版[音声DL付]

専門の教材は多くあるので、ぜひ選ぶときの参考にしてみてください。

中国語検定HSK公式過去問集

中国語検定HSK公式過去問集は、HSK公式の過去問題集で、各級ごとのシリーズ展開となっています。

過去5年分の問題が収録されており、リスニング問題のCDも付属しています。

さらに、過去問集では全問題、全文に和訳がついているので意味も理解しやすい点も良いです。

他にも、読解問題には日本語の解説もついているため、力試しだけではなく理解度を深めることもできるでしょう。

HSK受験をするなら欠かせない1冊として、長く愛用できるはずです。

合格奪取!新HSK1~4級単語トレーニングブック

HSK受験対策には単語量を増やすことも欠かせません。

合格奪取!新HSK1~4級単語トレーニングブックを使えば、効率よく受験勉強をすることができます。

アルファベット順ではなく、類義語、反意語など意味別に単語が配列されているので流れに沿って単語をリンクさせていくことができます。

また、練習問題も設置されているので、記憶できたか試すこともできて受験対策に便利な1冊となっています。

中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級改訂版[音声DL付]

中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級改訂版[音声DL付]は、HSK5級の長文問題に特化したテキストです。

中級レベルとなるHSK5級では長文読解問題と長文リスニング問題の重点が大きくなっています。

そこで、長文を理解できる語彙力と表現力を伸ばしておくことが必要となります。

中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級改訂版[音声DL付]では、長文に慣れる練習ができるように工夫が凝らされているのがポイント。

赤シートで隠したり、音声を聞いたり、音読したりを繰り返すことで、試験の時にスラスラと長文問題を理解する力を身につけていきます。

テキストや参考書がなくても使える無料の教材も活用しよう

テキストや参考書がなくても使える無料の教材も活用しよう

テキストや参考書を購入しなくても、無料で学ぶ方法もあります。

ラジオやテレビ番組、YouTubeチャンネル、スマホのアプリなどは無料で使える教材の一例です。

  • ラジオまいにち中国語
  • テレビで中国語
  • おすすめ中国語YouTubeチャンネル
  • 中国語を学べるアプリ

それぞれどんな特色があるかご紹介したいと思います。

ラジオまいにち中国語

中国語のラジオ講座は、平日午前8時15分〜30分毎日放送されています。

さらに午後や日曜の再放送もあり、ネット配信で視聴することもできます

ラジオ講座の内容は年度ごとに異なりますが、年度初めから講座についていくことで、1年を通じて着実にレベルアップすることができる内容です。

ラジオ講座用のテキストも販売されているので、さらにじっくり取り組みたい方は予習復習に活用するのも良いでしょう。

テレビで中国語

NHKテレビの中国語講座は、週に1回25分間の放送スケジュールとなっています。

放送時間は各地域によって異なりますが、テレビの中国語講座も再放送やネット配信サービスがあるので視聴しやすいです。

テレビの講座は、ラジオよりさらにバラエティー色が強く、楽しみながら学習することができます。

気軽にゆったりと学習を続けたい方に、テレビで中国語は取り入れやすくおすすめです。

おすすめ中国語YouTubeチャンネル

中国語講座を配信しているYouTubeチャンネルも無料で活用できる教材の1つです。

例えば、李姉妹chは日本在住の中国人姉妹のチャンネルです。

2人とも中国語日本語ともネイティブレベルの話者なので、日本人の感覚からわかりやすく中国語を学ぶことができます。

内容も初心者向けの発音講座から、中国の文化や社会事情まで中国語学習者に役立つ情報をたくさん発信してくれているのもポイントです。

他にも、カエルライフ 中国語学習サイトは、単語やフレーズを覚えるのにおすすめのチャンネルです。

基本単語やフレーズの読み上げを行なってくれているので、見ながら一緒に発音することで多くの表現を学ぶことができます。

また、垂れ流しリスニングとして繰り返し再生するのもおすすめです。

中国語にはピンインが振ってあるので、音声と文字両方で記憶できるのも学習に便利なポイントです。

中国語を学べるアプリ

無料のアプリも中国語の独学に活用できる有効なツールです。

例えば、究極中国語は音声プレイヤーとクイズ形式の出題で中国語学習ができるアプリです。

基礎からビジネスレベルまで豊富な単語やフレーズを収録しているので、どのレベルの方も学習ツールとして活用することができます。

学習の進捗度やタスクも管理することができるので、アプリ1つだけで学習をコツコツと進めることができ、達成感も感じられます。

他にも、HelloChinese – 中国語を学ぼうは初心者の方におすすめのアプリです。

ポップなデザインなので堅苦しく感じず学習を気軽に続けることができます。

手書きで書き方のテストができたり、音声認識機能でスピーキングのテストまでできたりと、ゲーム感覚で楽しめる機能が満載です。

テスト問題はステージ形式なので、クリアしていく達成感でモチベーションをキープできるでしょう。

こうしたアプリの活用をしてみると、より独学しやすくなるはずです。

迷ったときはPaoChaiの無料相談で今後を決めよう

迷ったときはPaochaiの無料相談で今後を決めよう

もし、中国語を独学で学ぶのに不安を感じるということなら、PaoChaiの無料相談で今後を一緒に考えてみませんか?

短期間で中国語を身につけたいなら、コーチングのサービスがあります。

独学で進めたいなら、中国語独学完全マップを使えば段階的に学ぶことも可能です。

一流のコーチが、あなたに合ったプランをご提案いたしますので、まずはお気軽にお声がけください。

まとめ|自分にあった教材選びで独学はもっと効率的になる

まとめ|自分にあった教材選びで独学はもっと効率的になる

この記事では、中国語を独学するのにおすすめの教材をご紹介しました。

挫折なく効率的に学習を進めていくには目的にあった良い教材選びが欠かせません。

そのためには、教材の価格や構成の内容、強化ポイントなど色々な要素を考えて選択していく必要があります。

この記事の中でジャンル別に多くの教材をご紹介しましたので、ご自身にぴったりの教材をぜひ見つけてみてくださいね。