一般教育訓練給付制度対象プログラムのご案内

PaoChaiオンライン中国語コーチングでは、受講料の20%(最大10万円)が支給される厚生労働大臣指定講座「一般教育訓練給付制度対象プログラム」をご用意しています。

PaoChaiオンライン中国語コーチングが提供する「6ヶ月プログラム」を申し込んだ受講生の方は、厚生労働省の定める要件を満たした場合に、受講者本人が支払った受講費用(初期費用を含む)の20%に相当する額(最大10万円)が公共職業安定所(ハローワーク)から支給されます。

  • 対象講座:6ヶ月プログラム(24週)
  • 受講料:492,800円(税込)

→最大98,400円が支給(お客様の実質の受講料負担額は393,600円)

受給条件

※1 離職された方も、離職後1年以内であれば対象となります。
※2 連続して同じ会社に3年以上勤めている必要はなく、転職していても、途中の離職期間が1年以内で、かつ雇用保険加入期間が合計3年以上あればご利用できます。
※ お客様が対象者であるかの確認は、現住所管轄のハローワークにて事前にご確認ください。

給付の流れ

必要書類

  • 教育訓練給付金支給申請書
  • 教育訓練修了証明書
  • 領収書
  • 住所確認書類(運転免許証など)
  • 個人番号確認書類(マイナンバーカードなど)
  • 雇用保険被保険者証
  • 給付金振込先の金融機関の通帳またはキャッシュカード
  • 教育訓練経費等確認書(ハローワークにて記入)
  • 教育訓練給付適用対象期間延長通知書(適用対象期間の延長をした場合のみ)
  • 返還金明細書(領収書が発行された後で、教育訓練経費の一部が教育訓練施設から本人に対して還付された場合のみ)

一般教育訓練給付制度指定の背景と目的

教育訓練給付制度とは、働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額が、ハローワーク(公共職業安定所)から支給されます(厚生労働省HPより)。

PaoChaiオンライン中国語コーチングでは、受講生が本当に「話せる、聞ける、ビジネスで使える中国語」を身につけることで、中国市場にチャレンジする人を増やすことを1つの目標に中国語コーチングの提供をしております。今回、一般教育訓練給付制度の対象講座に指定されることにより、さらに多くの方の挑戦を学費の面で後押しし、中国語力向上に貢献いたします。

一般教育訓練給付制度利用における注意点

2022年4月1日(金)以降に「6ヶ月プログラム(24週)」をお申し込みされた方が対象となります。

  1. 給付金の申請および支給には厚生労働省の定める要件や手続きが必要となります。
  2. 「ご自身が受給対象の要件を満たしているか」「対象となる金額」等は、最寄りのハローワークまで事前にお問い合わせください。弊社では教育訓練給付金制度適用の可否についての確認ができません。また、株式会社Rungarでは一切の責任を負いかねます。
  3. 制度の詳細については、ハローワークのWebサイトを必ずご確認ください。

■ハローワーク:支給申請手続についてhttps://www.hellowork.mhlw.go.jp/insurance/insurance_education.html

FAQ

①その他の割引との併用は可能ですか?

→可能です。ただし、給付金支給額はご自身でお支払いいただいた金額が対象になりますので、割引金額を差し引いた受講費の20% (最大10万円)となります。

②会社が受講料を一部(または全額)負担している場合でも、一般教育訓練給付制度は利用可能ですか?

→可能です。ただし、給付金支給額はご自身でお支払いいただいた金額が対象になりますので、会社負担額を差し引いた受講費の 20% (最大10万円)となります。

③一般教育訓練給付制度対象コースのプログラム内容は、その他のコースとは異なりますか?

→その他のプランのサポートと同じく、専属コーチが徹底サポートいたします。

詳細は、無料カウンセリングでお聞きくださいませ。